IVF

Chasing Dreams

甲状腺Ima動脈:異常な側副血管

症例報告

1963年半ば、長年頭痛に苦しんでいた35歳の電気技師が、突然の原因不明の意識不明のエピソードを持っており、そこからかなり速やかに回復した。 彼は1965年6月に意識不明の別の突然のエピソードを持っていたし、回復時に片目の痛みを訴えました。 入院時,頚動脈造影では右側の前大脳動脈と前連通動脈の接合部に動脈りゅうを認めた。 左頚動脈造影では左中大脳循環のみを認めた。 右総頚動脈にセルバーストーンクランプを適用し,徐々に閉塞した。 しかし、頭痛は持続し、首の上にブリュットが聞こえました。 1965年初頭、頸動脈が再び露出し、手術血管造影でクランプの不完全な閉鎖が明らかになった。 その後,クランプの下に結さつを置いて動脈を閉塞し,ブルイトは消失した。

1966年には、フォローアップ血管造影で動脈瘤の持続性が示された。 当時は治療は行われていなかったが、1967年に再評価と治療のために入院した。

検査で異常な神経学的徴候は認められなかった。 入院二日後,大腿穿刺後大動脈弓をカテーテル法で施行した。 選択された注射は、椎骨および左頸動脈の両方の無名に行われた。 右頚動脈の切り株もカテーテル法を施行した。 動脈瘤は、17×9×6mmを測定し、前方連通動脈の領域で同定され、後部連通動脈を通る造影剤の順行性通過および後頭骨吻合を介した右内頸動脈の不透明化によって右椎骨動脈から充填することが見られた(図。 1). 動脈瘤はまた、甲状腺ima動脈と上甲状腺動脈との間の吻合によって不透明化され、その後、外頸動脈の逆行性不透明化および内頸動脈の充填が行われた(Fig. 2). 左椎骨および左頚動脈注射では動脈りゅうは認められなかった。 動脈りゅうはプラスチック樹脂で被覆され,患者は退院した。

ディスカッション

側副動脈は甲状腺動脈を表していると感じています。 足立によると(Blumによって引用されているように、1)大動脈の弓、無名動脈、右総頸動脈、または内乳房動脈に由来する甲状腺動脈は、甲状腺ima動脈である。 足立は、動脈が左側に由来することはないと主張したが、Gruber(Blumによって引用された)は1872年に12歳の少年の左側に由来するチロイデアイマ動脈を記述した。

正常な人々における甲状腺ima動脈の発生率は、解剖学の本で4〜10%と評価されています(5)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。